金継ぎ

漆を塗った筆の「洗い方」と「保管方法」

金継ぎ
この記事で説明すること
  • 漆を塗った後の筆の洗い方
  • 次使うまでの保管方法

金継ぎは何度も筆を洗うことになるので、今のうちに洗い方を覚えておきましょう。

金継ぎの全体の手順についてはこちらをどうぞ。

404 NOT FOUND | 金継ぎ師 ちまはが

漆を塗った筆の洗い方

最初に重要なことですが、漆を塗った筆は「水洗い」できません。

漆は水をはじく性質があるので、水では流れません。

どうやって洗うのかというと「油」を使います。

「不乾性油」であれば良いので、サラダ油でもOKです。

このように筆を油に浸して、ヘラなどで根元から漆をかき出していきます。

筆を痛めないよう、力加減に注意しましょう。

完全に落とすことは難しいので、ある程度で大丈夫です。

ティッシュに少し油を染み込ませ、周囲についた漆も拭き取っておきます。

これで洗い方は以上です。

洗った筆の保管方法

ここまでできたら、あとはラップに包んで保管しておきます。(適当に包みすぎた)

筆のキャップがある場合は、キャップをするでOKです。

【注意】次回使用時にすべきこと

次回使用時は、筆に油分が残ったままとなっているので、ティッシュなどで軽く筆先を拭き取ってから漆を塗るようにしましょう。

漆と油は非常に相性が悪いので、油が乗ったまま漆を塗ってしまうと、非常に乾きにくくなってしまいます。

【注意】アルコールで洗うのはNG

金継ぎでは漆の汚れを落とす際に、エタノール等のアルコールを使用することがあります。

「じゃあ筆もアルコールで洗えばいいじゃん」
と思うかもしれませんが、それはNGです。

筆の種類によらず、毛が傷み、毛切れしやすくなる為です。

獣毛の筆などは、たんぱく質がアルコールで変性してしまうので、特に注意が必要です。

まとめ:水ではなく「油」で洗う

何も知らないまま、絵具と同じ感覚で水洗いしてしまうと全く落ちませんので、「漆は油で洗う」ということだけ覚えておきましょう。

ただし、作品に対して油が乗ってしまうと漆が乾きづらくなってしまいますので、その点だけ注意が必要です。

ということで、漆を塗った筆の洗い方と保管方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました