暮らし

猫にとって安全な植物・毒になる植物を調べてみた

暮らし

こんにちは、ちまはがです。

最近はおうち時間が増えて、インテリアに緑が欲しいなあと思うようになり、観葉植物を色々調べていました。

そこでふと

「猫飼ってるけど、観葉植物って飾っても大丈夫なのかな…」

と思いたち、早速調べてみると、実は多くの植物が猫にとって毒になるみたいです。

アメリカの動物虐待防止協会(ASPCA)の活動の一つに動物中毒制御センター(APCC)があり、植物の毒性の有無をまとめたリストがASPCAのサイトにて作成されているので、今回はこちらの情報を元に情報をまとめてみました。

結論から言うと、我が家では万が一を考えて観葉植物の代わりに「フェイクグリーン」を飾ることにしました。

最近のフェイクグリーンは、造花と思えないほどリアルな外観になっているので、個人的にはオススメです。

ともあれ、調べた内容はこれからざっとまとめていきます。

猫にとって安全な植物

猫草(えん麦、エノコログサなど)

猫草は、毛づくろいで飲み込んでしまった毛を「毛玉」として吐き出させる効果があります。
猫によって好き嫌いがありますが、腸詰まりを防ぐことができるので一度設置してみてはいかがでしょうか。

ヤシ科の植物

アレカヤシ、シュロチク、テーブルヤシ、観音竹など、ヤシ科の植物は猫に毒もなく安全な植物です。

パキラ

パキラは観葉植物として飾られることの多い植物です。
猫には無害ですので、安心して飾っていただけます。

ガジュマル

生命力の強いガジュマルも観葉植物として人気ですね。
猫には無毒ですが、小ぶりなものが多いので猫が誤って落としてしまわないよう置き場所などは気をつけましょう。

サンスベリア(サンセベリア)

乾燥に強いため水やりも控えめで済むので非常に育てやすい観葉植物の1つである、サンスベリア。
こちらも猫には無害な植物となりますが、先端が尖っているので注意が必要です。

エバーフレッシュ

エバーフレッシュは、夜になるとオジギソウのように葉を閉じて眠る、少し変わった観葉植物です。
猫には無害ですので安心して飾っていただけます。

猫にとって特に注意が必要な植物

先ほど紹介した安全な植物以外は基本的には有毒だと考え、家に飾らないことをオススメします。

個別のケースについては、ASPCAがまとめている有毒植物リストに該当していないかを確認するのが確実です。

その中でも、次に紹介する植物は特に注意が必要ですので絶対に猫のいる部屋に置かないようにしてください。

ユリ科の植物

ユリ科植物は猫にはとっては死にいたる可能性のある猛毒です。
花、花弁、花粉、葉、茎などどの部位でも少量摂取しただけ急性腎障害を引き起こし、最悪の場合、死に至る場合があります。
また、水差しにユリを活けている場合は、その水を摂取しただけでも同様の症状が引き起こされる可能性があるので注意してください。

サトイモ科の植物

葉や根茎に結晶状のシュウ酸カルシウム含まれています。
猫が食べてしまうと口の中を傷つけ、炎症などを引き起こし、嘔吐することがあります。

特に、アイビーモンステラは観葉植物として人気ですが、猫に安全な植物として間違った紹介をされていることもありますので注意してください。

  1. カラー
  2. ポトス
  3. スパティフィル
  4. アイビー
  5. フィロデンドロン
  6. ディフェンバキア
  7. アンスリウム
  8. モンステラ
  9. カラジューム など

その他

以下は、ASPCAのリストから抜粋した有毒植物が含まれる科目の一覧です。
部屋に置きたい植物が該当していないか確認しておきましょう。

  • アジサイ科
  • イチイ科
  • キキョウ科
  • キョウチクトウ科(日々草など)
  • キンポウゲ科(クリスマスローズ、福寿草など)
  • クスノキ科(アボカド)
  • ケシ科
  • コバノイシカグマ科(ワラビ)
  • ゴマノハグサ科
  • シキミ科
  • スミレ科(パンジー)
  • セリ科
  • ソテツ科
  • ツツジ科
  • トウダイグサ科
  • トチノキ科
  • ナス科
  • バラ科(スモモ類、りんご)
  • ヒガンバナ科
  • マメ科
  • モクセイ科(ジャスミン)

フェイクグリーンという選択肢

「こうして見ると、猫に安全な植物ってあんまりお洒落な観葉植物ないなあ…」

と、思ってしまったので我が家ではフェイクグリーンを検討してみました。

これが結構

フェイクグリーンのメリット

こちらは我が家のベッドルームですが、フェイクグリーンのドウダンツツジを飾っています。
フェイクグリーンを選んだ理由として、以下のメリットが挙げられます。

  • 猫のことを気にせず、幅広い選択肢から植物を選べる
  • 最近のものはフェイク感があまりなく、本物の植物と比べても見劣りしない
  • 手入れが不要
  • 枯れ葉が落ちたりしない

フェイクグリーンのデメリット

実がついていますが、こちらもフェイクです。
テレビ台に飾っています。
  • 植物を育てる楽しみがない
  • おもちゃと勘違いして葉や実を食べてしまう可能性もある

特に、後者は気にされる方もいらっしゃると思いますが、「ビターアップル」で対策することが可能です。

ビターアップルは、ペットしつけ用のスプレーです。
無害ですが、ペットにとって苦味を感じる成分が含まれているため、吹きかけておくと噛まなくなります。

我が家は「フェイクグリーン」に「ビターアップル」を吹きかけておくことで、観葉植物のある猫との暮らしを実現しています。

猫がのびのびと暮らせる環境が大切

Twitterなんかを見ていても、観葉植物を飾りながら猫を飼っている人もたくさんいますし、実際にはそこまで大ごとにならないケースもあるかと思いますが、ペットも家族の一員なので、そこは飼い主は責任を持ってリスクコントロールをすべきかなあ、と思います。

何かあってからでは遅いですしね…

植物に限らず、猫を飼うときに気を付けるべきこと!みたいなことがまとまった本とかあればいいのになって思います。

暇があればそんな記事も書こうかな。

コメント

  1. […] 植物の安全性に関する記事はこちらで詳しく解説しているので、併せてご覧ください。【完全保存版】猫にとって安全な植物・毒になる植物まとめ […]

  2. […] これをきっかけに、外出している時と私が寝る時以外はケージから出してあげるようにしました。同時に、こにゃらの安全を考えて配線などの対策もしっかり行いました。飼い猫がケーブル・コードを噛む理由と対策方法3選また、観葉植物などのインテリアも注意が必要で、猫にとって植物は毒になるものが多いことをこの時勉強し、こちらも別記事でまとめているので、合わせてご覧ください。【完全保存版】猫にとって安全な植物・毒になる植物まとめ […]

タイトルとURLをコピーしました